設計条件、施工日時

局所排気装置 外付け式フード 制御風速0.5m/s
2020年3月15日完了

お客様の悩み

グラビア印刷の工程にて、インクパンに有機溶剤を満たして作業をする際に、有機溶剤が揮発して作業場に溜まり、刺激臭がしていた。局所排気装置を設置するにあたって、作業場のスペースが狭いので極力スペースを圧迫しない設計にしてほしい。

田崎設備からの課題解決の提案・気を使った施工方法

ロールの交換やインクの充填などの日常業務に支障を来さないよう、局所排気装置本体の幅(厚み)はできるだけ小さくすると共に、装置上部に開閉機能を設け、インクパンの交換時にも障害にならないよう設計しました。

吸込み口には取り外し可能なパンチングメタルを設置しました。

パンチングメタルを採用した理由としては、
①吸込み口にわざと抵抗を加えることで、吸込み風量を平均的にすることができる為。
②異物を吸い込んだ際にダクト内部まで行くことを回避できる。
③フィルターを使用することもあるが、今回はインクを使用していて、フィルターが目詰まりを起こしてしまう為、パンチングメタルを採用した。
④洗浄が容易である。

後面の印刷機の開口部に透明なロールカーテンで仕切りをすることで、可視性を確保すると共に、疑似的に囲い式フードと同じ形にして、吸込み効率を向上させました。

局所排気装置を正面に配置した場合に、印刷用ロールの面を補足面として風速を測定し、制御風速0.5m/sを確保できるように設計しました。

実作業時に印刷用ロールの前面と後面が物理的に遮断させてしまい、後面で揮発した有機溶剤が補足できない可能性があったため、後面にも補助として局所排気装置を設置しました。

施工後のお客様の声

作業場の刺激臭が減り、作業車が快適に作業できるようになった。また、吸込み部(パンチングメタル部分)が取り外しやすいので、洗浄がやり易いと好評を頂いた。

導入機器、台数

グラビア印刷機 
送風機 エバラ 2SRP31 1台