空調工事事例 補助金 低温倉庫 佐野市

栃木県の中小企業向け補助金の活用

佐野市にある米低温倉庫の空調設備の入れ替え工事を補助金を使い行いました。

この補助金は、「低炭素社会づくり促進事業費補助金」と呼ばれ、栃木県の中小企業を対象にCO2を削減(年間10トン以上)できるエアコンや照明設備の入れ替え工事に対して、工事費の3分の1で上限100万円まで給付される補助金です。

今回の空調工事の施工ポイントとしては、既存の業務用エアコンの取り付け位置を変え中央の通路部に業務用エアコン同士を背中合わせにして設置しました。
こうすることで、エアコンのメンテナンスがしやすくなり、エアコンのドレン水の漏れによる商品(米)への影響を無くす効果が期待できます。

エアコンの選定は、高静圧で大風量のダイキンの中温用エアコンを選びました。

年間通して13度の温度を一定に保つことができるため、米の劣化を防ぐことができるだけでなく、大風量高静圧により室内全体にまんべんなく冷風がいきわたる設計を心がけました。

米倉庫内の室温の温度ムラが少なくなることで、優れた省エネ性能(従来比50%電力の削減)も発揮されました。

お客様からの声

お客様からは、「通路にエアコンを取り付けていただいたことでエアコンドレンからの水漏れも防げてとてもよかったです。他の倉庫のエアコンもこの方法で順次入れ替えていきたい、今後のメンテナンスもお願いしたい」と大変お褒めの言葉をいただきました。

補助金は国、県、市町村など様々な所からでていますが、省エネ関係の補助金は大きく分けて、①省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネ合、経済産業省)、②先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(環境省)、③県、市町村の補助金、の3種類に分けられます。いずれも原則として1/3の支給ですが、対象となる機器や工事の範囲や、公募時期は限定されています。

今回の補助金は栃木県独自のCO2削減を目的とした補助金で、1/3の補助(上限100万円)が得られます。上限があり補助金額は小さいですが、県予算2000万円で要件を満たせば(年間10トン以上のCO2削減)、誰でも、早い者勝ちで採択となります。

いずれの補助金も、原則として3月~5月に公募が開始されます。毎年同じように補助金が出てきますが、公募期間は20~30日と短く区切られて出てきます。関心がある場合は年明け早々には相談してください。まずは無料で対象になるかどうかを調査します。

(この記事の内容は2015年7月30日現在のものです)

ページの先頭へ