局所排気施工事例 金属加工工場 茨城県つくば市

製造過程において労働基準監督署より指導が入る

茨城県つくば市にある金属加工工場から製造過程において労働基準監督署からの指導が入ってしまい困っているという問い合わせをいただきました。

金属加工鋳造工程において、有機溶剤を使用しておりましたが有機溶剤が飛散し工場内の有機溶剤濃度が上がってしまい労働者の労働環境としては良くない状態でした。

発生源は工場内で単独で設置している装置で、飛散する状態もわかりやすいのですが、対応策を検討する際の制約が、囲うことで作業工程に支障が出ることでした。

上方フードによる吸引が可能であれば、その方法が作業に支障がないのですが、有機溶剤は空気より重いため、吸引がうまくいきません。その特性を踏まえ、お客様、特に現場作業の担当者様に作業を実際にやってもらいながら、作業制約の妥協点を探り、どうしても必要な作業の流れを損なわずに有機溶剤を吸引できる囲い式フードを設計しました。

作業場所での動きの大きさを確認した上で、有機溶剤との接点である捕捉面の大きさを決め(幅×高さ×奥行き)、囲い式フードの大きさを確定しました。

外部に設置する排気用の送風機の設置場所をお客様と決め、合わせてダクトサイズと系統を設計し、圧力損失計算書でダクト抵抗を確認して工事金額を算出しました。

労基署への局所排気装置の説明

今回の局所排気装置の提案をお客様に説明してご理解いただき、別途作成の依頼を受けた局所排気装置摘要書を作成し、お客様と共に労働基準監督署に出向き、説明をしました。

労基署の申請受理印をいただき、1ヵ月後に8日間に渡る設置工事を実施し、工事完了後に制御風速を捕捉面で測定し、工事を完了しました。

要望通りの局所排気装置ができた

お客様からは、「細かい対応していただき、労働基準監督署への申請も同行していただき、本当に助かりました。工場内の温湿度制御についても相談にのって欲しい。」という言葉もいただきました。捕捉面の設定をお客様の作業の動きに合わせて設計したことで、使いやすいと言って頂ける局所排気装置が納入できました。

ページの先頭へ