空調工事事例 プレス・精密板金加工 栃木県野田町

課題だった熱中症対策

栃木県野木町にある企業様は、家電、冷凍機器、建材などの鉄・非鉄金属部品のプレス・精密板金加工を手掛けておられます。

いろいろなメーカーからの依頼を受け、技術力を生かして、特注品から量産品まで幅広い製品を送り出しています。

3つの工場が稼働していますが、最近の猛烈な暑さに対する熱中症対策が課題になっていました。

社長様としては、働く人たちの健康を第一に、空調機器を導入したいと考えていました。

また、精密作業なだけに、暑さで集中力がなくなると、製品にも影響が出かねません。

よりよい製品づくりのためにも快適な作業環境づくりが急務となっていました。

しかし、広い工場内では機械ごとに、プレスや溶接など違う種類の作業が行われています。

大きな空調機器を据えるだけでは効率が悪く、室内の環境にも偏りが出ることが予想されました。

それぞれの作業をする人の条件に合わせて、きめの細かな空調ができないか、というのがお客様のご要望でした。

ダクトを使った空調システムをご提案

そこでご提案したのが、ダクトを巡らせて、そのダクトから作業する人にスポット的に風を送るというシステムでした。

吹き出し口の手元で、作業する人の状況に応じて風向きや風量を変えることができ、溶接を行うような場合は止めることもできます。

また、作業機械の設置状況によって、吹き出し口が適当な位置に置けない場所では、空気を大砲のように飛ばす「大砲型パンカー」を用いて、離れた場所から冷気を送れるようにしました。

ダクトは6系統に細分化され、ある系統で不具合が生じても他でカバーできるようになっています。

もう一つの特徴は手元で調整するだけでなく、集中リモコンシステムで、事務所内から、どこでどのように動いているかを管理し、温度設定、風向き、風量などを操作できるようにしたことです。

空調全体の電力量などの積算も可能で、使用状況の分析に役立てることができます。

融通が利き、工場などに最適

夏に間に合うように平成28年4月末から約2カ月間で設置しました。社長様はじめ従業員の方々から大変喜んでいただいています。

この空調システムは、ダクトを伸長したり吹き出し口を変更したりするなどの融通が利きやすく、使ってみて改良を加えて、よりよい仕組みに変えていくことができます。

お客様ごとに作業環境が違う工場などには最適のシステムといえるでしょう。

ページの先頭へ