製品保管庫空調工事 製薬会社 栃木県日光市

お客様の要望

製品保管庫お客様から、資材を年間通して保管している製品保管庫内の温度が、25℃以上にならないように保管したいというご相談をいただきました。

資材保管庫は2階建て倉庫の2階に位置しており、屋根の断熱がなく天井内装がなかったため、屋根からの侵入熱の影響で夏場は40℃以上の温度となり、製品の品質に影響を及ぼしていました。

改善工事のポイント

製品保管庫2① 既存倉庫に断熱パネル(*1)による間仕切り及び天井断熱工事を提案しました。天井からの輻射熱が大きいため、空調負荷を減らすことのできる断熱パネルを選択しました。製品の搬入室経路と保管場所、搬入方法(パレット積み)を確認し、レイアウトプランを提案しました。
② 床に今まで以上の荷重がかかるため、既存床(コンパネ仕上げ)の下地補強及びコンパネの二重貼り出の施工をして、ハンドフォークでの搬入室に耐えられる構造にしました。搬入室の利便性を考慮し、観音扉にしました。
また、1階との境となる床下地箇所(1階の天井裏)の結露が心配だったため、ウレタン吹付による断熱を施した。
③ 製品保管場所による温度差を小さくすることを考慮して、エアコンの設置位置を決め、天吊型を選定した。
④ 床と壁との取り合いはアルミR巾木を使用し埃が溜まらない様に工夫しました。

事前に地域の消防所との協議説明の機会をいただき、避難経路の方法などに十分に考慮し設置しました。お客様の通常の業務と平行しての施工でしたが、お客様のご協力をいただいたおかげで、スムーズで綺麗な施工ができました。工程管理の大切さを改めて実感した案件でした。

*1断熱パネルは、室内温度により42mm厚から150mm厚まであり、一般的には表面材がカラー鋼板又はステンレス鋼板、断熱材である芯材が硬質ウレタンフォームでできています。要望に応じて不燃パネルも選択できます。他の建築部材、保温材との断熱性能の違いは次の通りです。
<素材名>        <熱伝導率>(W/ⅿ・K)
硬質ウレタンフォーム     0.021
発泡スチロール        0.036
グラスウール         0.049
ALC板(外壁材)       0.17

ページの先頭へ