空調メンテナンス 化学工場 茨城県結城市

空調設備のメンテナンスを頼める会社がない

茨城県結城市にある化学工場の工場長より空調設備の相談がありました。かかりつけの空調設備会社がいないので空調のメンテナンス、空調設備の入れ替えの相談ができずに困っている。一度工場を見てもらえないかというものでした。

フロン排出抑制法による冷媒漏洩点検の義務化

お客様の工場に伺い、現状の空調設備を図面と照らし合わせながら、隅々まで調べさせてもらいました。今まで決まった空調業者に依頼してこなかった、との説明の通り、様々なメーカーの空調機が新旧入り乱れている状況でした。

そこで、最新の空調機器リストを作成し、フロン漏えい点検の見積書を作成しました。

さっそく依頼をいただいたので、フロン漏えい点検はエアコンについては10馬力相当以上の機種のみ義務付けられていますが、今回は現状把握と改善が一番の目的だったため、すべての空調機器を点検いたしました。

その結果、故障している空調機が2台、ガス漏れが発生している空調機が1台、発見することができました。10年以上経過している古い空調機ほど、自己診断機能が少なく、故障発生が遅れている場合がありますが、今回の3台の故障はすべてが15年以上経っている古い機種で、調べてようやく故障が判明しました。

故障した空調機のうち、1台は修理し、もう1台は現状の使用環境が違ってしまっており、空調機の能力・設置場所共に改善の必要があったため、新規更新の提案をしました。

現状に適した空調機の更新で、現場の方々に喜んでいただきました。

弊社のセールスポイント

男性スタッフがすべてフロン漏えい点検技術者であり、日立を中心として国内メーカーすべての空調機やチラーが取り扱えるため、工場で活躍している空調機器のメンテナンスが可能です。点検により空調機器の状態を把握できるだけでなく、現状に見合った改善提案も得意です。

空調設備管理の煩わしさがなくなった

お客様からは、「今まで空調メンテナンスを空調設備メーカーに直接依頼しておりましたが、複数のメーカーの空調が工場にあるため、毎回複数のメーカーに修理を依頼しなくてはなりませんでした。

その度に工場の設備の説明を行っておりとても大変でした。今回田崎設備さんに空調設備のメンテナンスを依頼することが出来、全ての空調設備を見てもらえるようになりとても助かりました。ありがとうございました。」との言葉をいただきました。

ページの先頭へ