お客様の悩み・課題

チラーユニット洗浄前写真気温の高い日(34℃)にチラーユニットにエラー表示が出て停止してしまう。しばらく間をおいて再起動をかけたが、10分程度でまた異常停止してしまった。生産に支障をきたすので、至急直してほしい。

田崎設備からの課題解決の提案・気を使った施工方法

チラーユニット洗浄後写真修理診断をした所、冷媒の高圧ガス圧力が徐々に高くなっていき、3.7Mpaを超えると異常停止する状況でした。熱交換部(空冷コンデンサ)の汚れが顕著でゴミや自動車の排気ガスによる汚れによる熱交換の不良と判断し、室外機洗浄の段取りをしました。(写真1)


洗浄前のチラー運転時の冷媒ガス圧は高圧3.7Ⅿpa、低圧0.78Ⅿpa、吐出ガス温度94℃洗浄後は、冷媒ガス高圧2.65Ⅿpa、低圧0.67Ⅿpa、吐出ガス温度79.5℃と改善されました。洗浄後は、熱交換器から光が通る様になり(写真2)、安定した運転状況を取り戻すことができました。今後は毎年1回、点検と薬品洗浄作業の提案を故障する前にすべきだと反省しました。

施工後のお客様の声

定期的な洗浄で機器の不調を減らせるのはありがたいです。これからは故障する前に定期的な洗浄をお願いします。

場所・仕様・導入機種・台数

事務所 裏
日立 空冷チラーユニット
型式:RCUNP250AV 一台
3設計条件・施工日時
水温7度 設定