お客様からの要望

元々1室で生産していた環境から、2室に分けるため各部屋が小さくなってしまい、空調機の設置スペースが取れないことが懸案事項であった。そこで、空調機1台で2部屋の独立性を保ちながら生産できる環境を提案してほしい、との要望をいただきました。

田崎設備からの課題解決の提案・気を使った施工方法

お客様の生産増強に伴い、製品充填室を2部屋に分割し、両方の製品の匂いが影響し合わないように配慮しながら、1台の空調機で温湿度制御された生産環境をつくってほしい、との要望をいただきました。

各部屋で取り扱う製品は種類が違う製品でいつも同じではないことから、お互いの部屋の空気が行き来しないよう、外気導入100%のオールフレッシュ空調を採用しました。

前室から中性能フィルターを通した空気を空調機に取り込み、2室の容積に合わせ、供給するように調整しました。陽圧の状態を保つとともに部屋からの排気フードは室内の生産音が極力外部に漏れないようにフードの断熱消音対策を施しました。

外気として取り込む前室が陰圧の影響を受けないように、前室の隣の倉庫の壁を開口してプレフィルターユニットを取り付け、外気の取り入れを配慮しました。

吸込み口だけでなく吹き出し口にもフィルターを取り付けで異物混入対策にも万全を期した。ダクト保温をした上から板金加工をしました。

施工後のお客様の声

仕様の難しさと経済性の両方の要望に応えていただき、満足しています。我が社は食品会社なので、安全安心な生産環境を保つことができ、エンドユーザーにもアピールできます。

導入機器・能力・台数

設備用エアコン RP-AP280CSP  10馬力 1台
除湿機     RK-NP 3L2  3馬力 1台
RK-NP2L2    2馬力 1台

設計条件・施工日時

2室の簡易恒温恒湿空調(24℃±3℃、RH50%未満)