最終更新日 2022年7月23日

製薬工場の工場長より、工場内の結露がひどく、カビが発生してしまい困っているとの相談がありました。

そこでさっそく製薬工場内を調査させていただきました。
作業室内の天井から結露したと思われる水滴が垂れ落ちている状況に加え、壁がカビで黒ずんでいました。
天井板をはずし調べた所、やはり天井裏に結露が発生しており、特に隣接する冷蔵庫の天井面及び壁面の結露およびカビがひどく天井には水たまりができていました。

今回の結露の原因は、冷蔵庫の断熱パネルのつなぎ目部分の温度が下がることで天井裏の湿った暖かい空気との温度差が発生するためです。

この問題に対し田崎設備では、天井裏の換気をよくすることで風の流れを作り、除湿された空気により結露およびカビを防ぐ方法を提案しました。

まず天井裏および冷蔵庫上部のカビを除去し、作業室内の内装を改修しました。また作業室内に冷却機能付除湿機(インバーター)を設置し室内の除湿を行うとともに、天井裏に撹拌ファンを設置しより効果的な空気の流れを作ることで天井裏の除湿を同時に行い、結露対策を行うことができました。

製薬工場長より「施工後は室内のカビ臭さもなくなり安全で衛生的な環境で製品を生産できるようになりとても良かった」というお言葉を頂きました。