最終更新日 2022年7月23日

自動車部品ラジエータの仕上げ工程で、塗装を行う際ににおいがきつくなんとかならないかという相談がありました。
現場を確認したところ、塗装を行うブースには排気設備はついていましたがサビが発生し、排気が機能しておりませんでした。



塗装したい製品が1メートル未満の自動車のラジエーターであったので、1200mm×700mmの簡易塗装ブースを制作し、背面から塗料用材を吸い込み送風機にて屋根上部に排気するような提案をしました。

また、溶剤を取り出す際に塗料専用の使い捨てフィルターを背面に設置し、ダクトや送風機に塗料が回らないような設計にしました。
局所排気装置を使っていただき、溶剤のにおいが残らなくなっただけでなく工場内が汚れなくなり、お客様にも大変喜んでいただきました。