お客様からの要望

旧冷凍機(二段圧縮)
旧冷凍機(二段圧縮)
①冷凍庫の機器を更新するにあたり、現状と同等以上の能力を発揮する冷凍機器にしてほしい。段ボール箱に入った乾燥食品の冷凍なので、商品が芯温まで冷える配慮をお願いしたい。

②冷凍機が古く(1999年製)、冷媒が生産中止となったR22仕様のため、10年先も安心して使える 冷凍機器を選定してほしい。

設計条件

乾燥食品の緩慢凍結 (室温)ー35℃±3℃ 
乾燥食品の芯温    24時間でー10℃以下

田崎設備からの課題解決の提案・気を使った施工方法

新スクロール冷凍機
新スクロール冷凍機
 既存冷凍機器は二段圧縮機で冷媒はR22を使用していました。庫内温度もー45℃まで冷却可能な 冷凍機で、ユニットクーラーで冷却した空気を商品にぶつけて緩慢凍結していました。新たに機器を選定するにあたり、商品にぶつける風量を50%以上アップさせるクーラーを選定し ました。段ボール箱に入っている乾燥食品のため、直接温度を下げることが難しい状態でした  が、凍結には出来るだけ大きな風量で熱を奪いました。おかげで条件が厳しい製品でも24時間  でー20℃以上冷却が可能となりました。

旧クーラーの風量164㎥/分 ➡ 新クーラーの風量250㎥/分

旧クーラー
旧クーラー

一方で冷凍機は、二段圧縮機というハイグレードで高価な冷凍機よりも単段のスクロール冷凍機 で-35℃の室温をキープできる機器にしました。温度差よりも風をぶつけ段ボール箱の温度を下 げる効果を説明し、納得いただきました。乾燥食品のため緩慢凍結でもドリップが出ず、食材の 品質低下にならないことも採用の決め手となりました。この選定により冷媒R410Aの機種を選ぶ ことができ、高いメンテナンス性とともに購入コストの削減も可能となりました。

新しいユニットクーラー
新しいユニットクーラー
施工方法も工夫しました。配管の保温効果を高めるため、冷媒管をベンダー工法で施工しまし  た。配管材が38.1Φと太いため、今まででしたら継ぎ手を使い施工していましたが配管の曲がり 部分で保温材を折れてしまい、保温効果が低下して結露(凍結)の原因となっていました。ベンダー工法によりR(曲がり)を大きくし、保温効率を損なわないように施工しました。

また昨年近くを流れる河川の氾濫で、冷凍機及びエアコン室外機がで水につかり故障をする被害 を被りました。その教訓を活かし、室外機を地面より500㎜上げるように施工しました。

施工後のお客様の声

梱包されている乾燥食品が24時間でー20℃以上冷却可能となり、日々の製造工程が今まで以上に安定しました。限られた予算で希望以上の施工に満足しています。ありがとうございました。

導入機器・能力・台数

緩慢凍結庫の冷凍機更新
日立冷凍機  KX-NM20AVP1  冷凍能力17KW  消費電力16.7KW  1台 
ユニットクーラー  US-N20ⅬH2  風量250㎥/分  1台