TECHNOLOGY
技術を知る

技能五輪で「ワザ」を磨く

若い社員たちが冷凍空調の仕組みをしっかりと理解し、技術者として的確な判断と正確で
スピーディーな施工ができるようになること、身につけた力を発揮しお客様と社会に貢献すること、
最後まであきらめずにやりぬく力をつけることを目的として2017年とちぎ技能五輪全国大会より出場しております。
若い社員たちが冷凍空調の仕組みをしっかりと理解し、技術者として的確な判断と正確でスピーディーな施工ができるようになること、身につけた力を発揮しお客様と社会に貢献すること、最後まであきらめずにやりぬく力をつけることを目的として2017年とちぎ技能五輪全国大会より出場しております。

技能五輪とは

技能五輪全国大会は青年に対し技能者としての努力目標を与えることと、大会の開催地域の若者に優れた技能に触れる機会を提供することで技能の重要性・必要性をアピールし、技能尊重のムードを高め、モノづくりの基盤を強化することを目的としています。各都道府県から選抜された23歳以下の若者(企業の従業員・高校生・大学生・専門学校生)たちが各職種で技能日本一を競います。
2018年に開催されたおきなわ技能五輪では42種目の競技種目で行われました。各職種の金メダル獲得者は奇数年に開催される技能五輪国際大会に参加する資格を与えられ技能世界一をめざします。2019年はロシアで行われます。日本では1963年アイルランドで行われた国際大会に出場するため、技能五輪全国大会が初めて行われました。
弊社では、若い社員たちが冷凍空調の仕組みをしっかりと理解し、技術者として的確な判断と正確でスピーディーな施工ができるようになること、身につけた力を発揮しお客様と社会に貢献すること、最後まであきらめずにやりぬく力をつけることを目的として2017年とちぎ技能五輪全国大会より出場しております。

参加した種目と内容詳細説明

弊社の参加職種は「冷凍空調技術」です。空気を快適な状態に保つことを「空調」・低い温度(0℃以下)に保つことを「冷凍」といいます。
家庭用のエアコン・冷蔵庫をはじめビルや工場・乗り物や宇宙ロケット、市場などの大型冷凍保管庫、博物館などの展示ケースなどさまざまな設備を安全かつ快適な設備にするため、縁の下の力持ちとして支える技術です。
「冷凍空調技術」は冷凍機の冷媒配管と制御配管を完成させ、パネル蒸発器の文字に着霜させる課題とサーモオフ時は装置内の冷媒をポンプダウンして圧縮機を停止させる課題に取り組みます。弊社では、社内にある作業練習場で、先輩社員が作成してくれたパネル蒸発器を使って(本番でも使用します)業務終了後に練習をしています。
業務の内容によっては練習ができない日もありますが、めざす目標に向かって少ない時間を有効に使って練習しています。これまでは、技能五輪を経験した先輩社員がいないため手探りで選手各々が試行錯誤を繰り返しながら練習していましたが、今年からは技能五輪を卒業した社員が教官となって一緒に五輪入賞を目指します。

技能五輪
技能五輪
技能五輪
コメント

一回目の時は、参加した先輩もおらず、なにをしたらいいのか右も左もわからなかったが、作業を時間内に終わらせる工夫や努力をして課題を時間内にやり遂げることができて大きな自信につながった。二回目では、自己の成長を強く実感できたとともに自分の至らないところにも気づかされとても悔しい思いをした。技能五輪に参加するまでは、難しいことや初めて取り組むことに対して積極的になれず後ろ向きな気持ちがあったが、技能五輪の練習を通して色々な障壁とぶつかりそれを一つずつ乗り越えてきたことで、今では何事にも逃げないでチャレンジできるようになった。技能五輪では作業の正確さ・丁寧さ・速度・姿勢などを問われ良い学びになったので、実際の現場で生かしていきたい。

技能五輪
技能五輪
技能五輪
コメント

今回初めてだったので、全体練習の時間が足りなかったのもあり緊張してしまい、その上作業スペースの整理整頓ができておらず、落ち着いて作業に集中できず溶接がいつものようにできなかった。次回は常に整理整頓を心がけ、どんな場面でも平常心で臨めるよう練習の数を重ねていきたい。目標は金メダルをとること。

RECRUIT ENTRY
採用情報 / エントリー

風を読み、みちをつくる

20代が三分の一を占める古くて、新しいベンチャー企業で人生のチャレンジをしてみませんか。
新卒、中途、文系理系を一切問いません。やる気、好奇心、チャレンジ精神が我が社の人事理念のテーマ。
「風を読み、みちをつくる」仲間として、共にチャンスを切り開き、喜んで働きましょう!
採用情報/エントリー
田崎設備公式ホームページはこちら