お客様の悩み・課題

除湿器の送風機用ファンベルトが直ぐに傷んでしまい、1年持たずにベルトが切れたり、緩んだりしてしまう。何とかしてほしい。

  

田崎設備からの課題解決の提案・気を使った施工方法

診断調査により除湿機内モータープーリーとファンプーリーの芯がが約5㎜ほどずれていたことが原因でした。

以前に除湿器の静圧アップのためにファンプーリーを交換していたのですが交換の際に5㎜のずれが生じていたこと、またプーリー間が短くなり、ファンベルトの遊びがなくなったことがすぐに消耗するようになった原因でした。

ベルトだけでなくプーリー自体も摩耗していたため、新たにプーリーを手配して、ずれが生じないよう気をつけて交換をしました。

田崎設備食品粉体プーリー除湿器のように室内機ファン周りのスペースに余裕がない機器の場合は、静圧アップのためにプーリー交換で対応するのではなく、別途静圧が高い送風機を中間ファンとして取り付け、ダクトに接続する方法が適切との結論に達しました。吸込み口にプレフィルターPS400を取り付け、ダクト接続にて除湿された空気を搬送し吹き出す設計の場合、静圧が少なくても350PA以上必要となります。

除湿器だけでの改造では200PA程度にとどまるため、必要風量が確保できません。ダクト接続が考えられる場合は、設計当初より検討すべきだと反省させられた案件となりました。
  

施工後のお客様の声

当社は粉体のパッケージを行う上で、製品の品質管理での温湿度管理が重要です。田崎設備さんでの迅速なメンテナンスのおかげで、生産環境の維持向上に繋がっており感謝しております。

場所・仕様・導入機種・台数

2号棟1F粉末充填室 日立除湿機 型式:RK-NP10LT 1台